体感したことを整理・分析・法則化するブログ

関西在住の高田純次系リーマンが、しがない日常を整理・分析・法則化するブログです。

【スポンサーリンク】

きちんと負けることが上達への入口

【スポンサーリンク】

突然ですが、
僕は物事にあまりこだわりがないタイプです。

朝令暮改なんて当たり前だし、
人に注意されても、
なぜ注意されているのかをまず理解するのに、
相当な時間がかかるくらい頭の回転も遅いし、
日々なんとなく生きている人間の典型例だと思います。


勝負事も一緒で、
勝負に負けても何も思いませんし、
劣ってると言われてもほとんど何も感じないし、
むしろ、勝負を挑まれても土俵に上がらないタイプの人間です。
(これは負けず嫌いの裏返しかも)


そんな僕ですが、
ある物事に対して、
「そもそもこれは何?」
とか、
「なんでなんやろ?」
とか、
原因や起源を探ったり、

「どうなってるんやろ?」
と、
構造や因果関係を考えて、整理するのは大好きです。


だから、
新聞を読んでもイマイチ腑に落ちないし、
テレビなんか大っ嫌いだし、
違和感を感じたら自分が納得するまで徹底的に調べてしまう、
というとてもメンドクサイ性格です。


僕を知っている人ならば、
「ある物事に対する一般的な見解に対する疑問」

「何故、一般的にはそう考えられているかの質問」
というやり取りを何度もさせられているはずです。

 

僕はそういった疑問や質問、そして自分の考えを、
ときには言葉で、ときには文章で、表現するのが大好きです。


そんななか、久しぶりに
「完敗や、いやー見事な完敗や。笑ってしまうくらいの完敗や!」
と思える記事ありました。

それがこちら↓↓
サッカーコラム J3 Plus+に掲載された
柿谷曜一朗に対する悲しい内容の横断幕」です。
http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-4768.html


上記の記事は、
「僕の好きなセレッソ大阪の話題である」だけでなく、

①タイトルからして主張が明確
②主張の理由付けが明確
③多くの人の共感を得れる内容

という点から、
「すごい」と思ったのです。

そして、
「プロのライターが書いていない」
という点で、
「もっともっと自分も上手くなりたい!」
と、強く強く思ったのです。


なるたけ勝負自体を避け、
負けることに対して不感症になっていた僕ですが、
「きちんと負けること」が、
こんなにも清々しく気持ちいいとは思いませんでした。

というわけで、
金儲けのためでもなく、
社会正義のためでもなく、
単に「自分がうまくなりたいから」と理由のためだけに、
今後、僕が「?」と感じた社会問題を中心に、
ちょくちょくブログを書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。