体感したことを整理・分析・法則化するブログ

関西在住の高田純次系リーマンが、しがない日常を整理・分析・法則化するブログです。

【スポンサーリンク】

【雑記】社会人になって10年目になった。生まれてこのかた34年になった。

【スポンサーリンク】

気がつけば、大学というモラトリアム機関を出て就職して10年たった。

すっかりおっさんである。

満員電車ではいらぬ誤解を与えぬよう気をつけるようにしている。

愛想笑いだけで34年間生きてきたが、

そろそろそれも許されなくなってくるのだろう。

 

この10年を振り返ってみると、

「思ってた以上に平凡だけど、思ってたより悪くない」

という印象である。

 

そりゃ、失敗は沢山したし、

悔し涙を何回も流した。

辛くて辛くて、逃げ出したくなった時もいっぱいあるけど、

その都度、助けてくれる人がいて、

影で応援してくれる人がいて、

当時は辛くても、今となってはいい思い出に消化できている。

むしろ財産になっている。

そういう経験をできるのが、

就職することのメリットかな、とすら思う。

 

あんまり詳しく書くとアレだけど、

自分に合っていることも見つけれたし、

そのことを通じて、お金をもらえて、かつ社会に還元できるなんて、

サイコーに幸せだな、とも思う。

 

今は学生時代の友達の活躍を素直に応援できるし、

消息不明の友人を思い出してたまに心配している。

人見知りは治らない。

性欲はほぼない。

 

先日、祖母が亡くなった。

実は、今でも信じられないのだが、

周囲の話を総合して見ると、確かに亡くなったようだ。

 

亡くなる1年ほど前、倉庫から祖母の手帳を見つけた。

今から50年ほど前の手帳だった。

当時祖母は50歳手前だと思う。

中身を見ると、祖母は日記をつけていた。

たまに短歌も作っていた。

私は末孫なので悠々自適に暮らしている祖母の姿しか知らないが、

日記には、妻として、3人の母親として、

急激に流れていく時代に取り残される専業主婦の恐れ、

子供の成長を喜びつつも、巣立っていく寂しさが入り混じった、

母としての想いが綴られていた。

 

なんだ、いつの時代も一緒なんだ。

 

人の日記を盗み見といて、その程度の感想である。

 

とりあえず、人と自分を比較しないことが、幸せへの第一歩なんだろうな。

相変わらず、そう思ってる。

どうでもいいことを真剣に悩んでいるときは、

大概ヒマなときである。

 

リハビリのために、ブログを更新しただけです。

すいません。

 

※私みたいな自意識過剰な人間は、何回も読むべき本。ただし、めちゃんこ痛い。 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 

ではでは今日はこの辺で。